2013年 05月 14日

のっちんのクラフティ

友達が我が家に遊びに寄ってくれるというので、ベリーベリークラフティを作りました。

→ のっちんのベリーベリークラフティ  を拝見してから、ずっと作りたかったというのもあります。
  こちらは麗しの美女軍団サークル WE LOVE STAUB内 での記事です。

→ カナダの天才! のっちんのブログ記事、ベリーベリーベリークラフティはこちら。

題名に 『のっちんの』 と入れていいものか悩みましたが、あの画像&日記を拝見してから気になって影響を受けている、ということもあり、つけさせていただきました。


ブルーベリーもストロベリーも生で作りました。アメリカンチェリーが手に入ったら、ぜひ試したい!!

安売りスーパーで買ったストロベリーは甘くなかったのでちょっと残念でした。
よくパッケージを見てみると、とちおとめなのに産地は愛知?!

とちおとめって元祖である栃木県産の方が美味しいのでしょうかね?




生では酸味を感じつつも、お菓子にすることでグッと美味しくいただけました☆ これは大成功です。
私はSTAUBラウンド16cmで、下敷きナシで作りました。(シートも引かず、サクサクの台もナシ)
c0245699_1533285.jpg






これはオーブンに入れる前。本当にできるか? ドッキドキで撮影しました。
c0245699_156303.jpg





良かったぁ~~!!!! 出来たよ~~~☆ 
c0245699_1564373.jpg






のっちん、本当ですね。
酸味が強くても生地が甘めお菓子にすると食べやすいのですね~☆
c0245699_1573022.jpg










我が家にはお茶ウケがないの。
このクラフティ、すぐできるし、お得意スィーツにしておいて、直ぐに作れるようにしておこう。
ベリー以外のものでもOKそうだしね。





良かったら、上記の『のっちん』の Wagon Cafe の日記に遊びに行ってみてください。
 ※ ダイエット中の方、注意です。 食欲が増進します。笑 





最後まで見ていただき、ありがとうございました。


STAUBサークルに参加中!!++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
素敵なお料理を、この赤い鍋をクリックしてご覧下さいね!
c0245699_2224279.jpg




ブログ村のランキングに参加しています。
応援の1クリック、よろしくお願いします(≧∇≦)人(≧∇≦)
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
[PR]

by winwinfoods | 2013-05-14 15:10 | STAUB | Comments(6)
Commented by h-dekopon at 2013-05-14 19:04
おいしそ~♪
甘い生地と酸味のあるベリーとのコラボが最高(≧∇≦)
食べてないけど・・・(笑)きっと間違いない!
Commented by hannoah at 2013-05-14 22:01
うりぼうさん、おはようございます~。
引越しは無事に終ったんですね。片付け、少しずつ
頑張って下さい~!! 私、去年の引越しでまだ開けて
いない箱もあります~^^;

クラフティ、こちらもそろそろ季節になろうとしています♪
混ぜて焼くだけなのに、とっても美味しいですよね。
チェリーもいいな~。日本のフルーツは、それだけで
甘いので これは絶対に美味しいと思います。(カナダ
のは、実が大きいだけで甘味はほとんど無いって
感じなんです~) お名前を呼んでいただいて、とっても
嬉しいです! 有難う~(^^)
Commented by Yワイ at 2013-05-15 16:09 x
すごく美味しそう!と今、ケーキ食べながら言える私^_−☆
Commented by winwinfoods at 2013-05-15 22:45
dekoponさん、このクラフティって、楽チンなのに美味しい!
組み合わせも、間違いない。酸味あるフルーツはより美味しく食べられる!!
Commented by winwinfoods at 2013-05-15 22:49
のっちん、遊びに来てくれてありがとう!
リンクもご承認〜ありがとうございます。
ダークチェリーも試したいアイテム!
砂糖を変えてみたり、アレンジも楽しいかも!いつかニダの24センチで作ってみたいです。

開かずの箱には何が入っているのかな?笑
Commented by winwinfoods at 2013-05-15 22:53
Yワイさん、いつも見てくれてありがとう!
ケーキとかのスイーツはどんなものが好きなのかな?今度好みを教えてねー!


<< 配達なう      カリフラワーは、ご馳走だった。 >>